学校の概要

ホーム > 学校の概要

学校長ご挨拶

本校はJA静岡厚生連を設立母体とし、昭和45年(1970年)に開校しました。
卒業生は1,680余名(平成29年3月現在)に及び、
全国各地の医療機関、福祉関連部門で活躍しております。

近年、保健・医療・福祉に対する社会的ニーズが増大する中、
看護職においてはより高い知識・技術が求められています。

私共は、JA静岡厚生連のめざす「良質な医療と温かな看護の実践」を担うために、
専門の知識・技術の習得だけでなく、医療人に必要な人間形成の育成に努めています。

看護は人と人との信頼や、思いやりの中で行われます。
看護の道を志す方、この静岡県厚生連看護専門学校で私達と一緒に学びませんか。

 

学校長 松浦 千穂子     

 

教育理念

「相互扶助」の精神を基本に「生あるものへの尊厳」「人間性の開発」を教育の柱とし、看護の対象である人に対して、人間を深く理解し、よりよく生きることを大切にすることと同時に、自己教育力の育成ができることを目指しています。

1. 生あるものへの尊厳

地球的視野でそこに生きる総てのものを尊び守っていく生き方を目指すものであり、生命を尊重し自然との共存を大切にします。生命の尊重とはそれぞれの生き る事を大事にする事であり、看護の対象である人間に対して心理・社会・身体的側面からの「深い理解」を尊重の根底においています。

2. 人間性の開発

自己概念の形成と自己教育力の育成を目標に置き、一生を通じて人間性向上の努力を続け、看護職という仕事を通じて自己の生命の充実を図れるようその基礎づくりをします。

 

目的

看護師として必要な知識・技術および倫理観を培い、他人(ひと)の痛みがわかる豊かな人間性に基づき、社会に貢献できる専門職としての看護師を育成する。

 

目標

  1. 自己洞察ができ、自己の資質の向上と成長をめざす。
  2. 人間を身体的・精神的・社会的側面が統合され調和のとれた存在であると理解し、「生活者としてよりよく生きる」ための支援ができる。
  3. 人々の健康課題に対して科学的根拠と、倫理に基づいた看護ができる基礎的能力を養う。
  4. 保健医療福祉の動向を据え、看護の専門職業人としての役割を認識し、他職種と連携・調整できる能力を養う。
  5. 厚生連の基本理念を理解し、看護を通じて地域へ貢献する基礎的能力を養う。

 

沿革

昭和45年 4月
静岡県厚生連高等看護学院として開校

昭和52年 4月
静岡県厚生連看護専門学校に名称変更

平成 7年 3月
修了者に専門士(医療専門課程)の称号を付与

平成10年 4月
敷地内に在宅看護実習室完成

平成21年7月
校舎内に「地震緊急警報システム」導入

平成23年4月
パソコン実習室 パソコン入替

 

学校自己点検・自己評価

本校は、「看護師等養成所の自己点検・自己評価指針」に基づき、自己点検・自己評価を行っています。

詳しくはこちら PDF